アバウトすぎやしないかい?

Taxationで控除できるアイテム、控除できないアイテムを勉強中。

"Travel Allowanceについて。
妥当な金額なら控除できる。妥当でなかったら控除出来ない。"


ここまではなんとなく理解できます。

でも 幾らが妥当で 幾らが妥当でないかははっきりしない。

はっ? 

”例えばジュニアレベルの従業員が一か月300万円のAllowanceを
受けたら妥当でないと判断されるだろう。”


って、そもそも そんな金額を払う会社なんてあるの??
ほとんどの人は控除するってことでOK?(笑)

関係ないけど 「控除できる」という英単語 Deductibleの発音。
ディダクブルだと思っていたけど ディダクブルなのね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント