Walk-in Clinicに初めて行ってきた

昨日の夕方 子供が「かかとにとげが刺さったみたいで痛い
って言っていて 見ると1ミリにも満たないような黒い影がうっすら。
針でもとれなくて 液体絆創膏をつけて一晩様子見ることにした。

朝起きると、「痛くて 歩けない💦」

詳しく聞くと…、
「なんだかわからないけど、とげ、関係なくない??」

足を引きずるように歩いているので 病院に行くしかないかぁ。
でも1日様子を見て病院に行くか 今日病院に行くか…。
悩んだ末、たまたま今日 私は2クラスしかない日なので 今日行くことに決めた。

まず、子供の学校に電話してお休みを伝えて、
(Walk-in clinicの受付が午後からだったので)
私は一旦 学校に行って1つ授業受け、午後のクラスの先生に欠席を伝え、
ATMでお金をおろし、タクシーでWalk-in clinicに向かった。

ここのクリニックは”大きい人の家”って感じの建物だった。
入ると2~3人 受付らしいところで人が並んでいたのでそこに並んでいたら
後ろからクラスメイトのジョッシュが来て

「Financeのクラス、お休みしたの? 僕もだよ?」

そして Walk-in clinicの受付はそこではなく 少し奥のカウンターの紙に名前を書いておけばいい
って事を教えてくれた。

最初に紙の順番に名前が呼ばれて 住所、生年月日、症状等、きかれてお金を払う。
子供は学校の保険でカバーされているけど 今 切り替えの時期で保険証を持っていなかったので
現金で50ドル払った。(後でクレームできます。)

次に2~3人ずつ呼ばれて 先生のいる部屋の前の廊下の椅子で待たされた。

その後、先生に呼ばれて部屋に入る。
先生は子供の踵をちょっと触って、
「成長痛だね。割れていたり 切れていたりしたらこんなに歩けないし、
X-rayを取るまでも無いと思うよ。 とっても見える程でもない。
暖かくして安静にして…」

2分ほどで終了でした(笑)

病院に入ってから出てくるまで トータルで2時間弱。
待ち疲れることを覚悟していったので それくらいで良かった♪って感じ。

「病気になったらどうしよう」ってずっと不安に思っていけど
今回なんとなくWalk-in Clinicの流れがわかり、少し安心した




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント