初受験IELTS(General)を終えて

2日目の今日はListening / Reading / Writing.
受験生は全部で20人くらいだったかな…。
写真撮ったり 指紋採取(?)したり IELTSのレジストレーションは
長くかかるから 集合時間は試験開始の45分前。
集合時間が過ぎて、
「みんなそろっていたら早くはじめちゃおうかな…」という試験官に
「友達がまだ来ている途中なんです」って言う人がいて
結局ほぼ予定通りの時間に試験が始まった。
時間とかはあんまり「厳しい」って感じじゃなかったよ。

さて 本題のテストですが、Readingと WritingはGeneral とAcademicで問題が違います。
(今日の受験生の中にはAcademicを受けている人も居たみたい)
Academicに比べると英文は非常に簡単。
Readingは日常目にするであろう「公園の説明」とか「会社で有給休暇について」等の文章。
だけど 「素早く回答」しなくてはいけないので私は時間との戦いでした。
サラッと読んで答えられないところが英語力の足りなさなんだろうけどね。

Writingもしかり。
Task 1は外部のトレーニングを受けたいので上司にお伺いのメールを書く…。
Task 2は公害について どういう影響があって個人レベルでどう対策するか。
それぞれ150文字、250文字以上なんだけど これは学校でしょっちゅうPaperを書かされるため
慣れた。
(昔 Academicの勉強をしていた時、この最低文字数をクリアーするのが本当に苦しかった。
だって何を言ったらよいかわからないから…。今でも文を書くことは苦手だけどGeneralのトピックが簡単で身近な事なので苦しみは半減)
Writingの採点はAcademicより緩くなるのかなぁ。
とりあえずは書きましたが、文の構成とかはちゃんとしていないし、簡単な文の羅列だからね。

Listeningはねぇ…。
半年カナダで英語を聴き続けたから伸びを実感したかったけど 実感ならず!

IELTS(General)のテストって難しくない分、どれだけ英語に慣れ親しんでいるかがわかるテストだと思う。
普段の生活でも積極的に英語に触れていきたいね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック